個人認証部門

個人認証とは

 個人認証とは、高い実務能力・教育指導力・研究能力を有した実務家教員であることを対外的に示すための、一種の資格制度です。

 高等教育ユニバーサル時代において、実務家教員には継続的な自己研鑽が要請されるため、実務能力・教育指導力・研究能力を維持し、更新していくことが求められます。次世代高等教育研究センターでは、このような課題に対応することを目的に、認定実務家教員制度を設計しました。

 認定実務家教員制度は①認定実務家教員試験の実施、②認定実務家教員資格の登録、③認定実務家教員資格の更新登録から構成され、認定実務家教員資格は5年毎の更新を必要とします。これらを通じて、実務家教員が生涯にわたって継続的に資質・能力を向上し続けるための支援を行います。具体的には、本センターが指定する講習の参加や、研究論文の公刊等を行っていただきます。更新のための自己研鑽を行っていただくことで、専門業務性を社会的に担保することを目指しています。

認定実務家教員制度

認定実務家教員制度では大きく次の3つの取り組みを実施しています。

①認定実務家教員試験の実施

②認定実務家教員資格の登録

③認定実務家教員資格の更新登録

 

①認定実務家教員試験の実施

 認定実務家教員試験とは、認定実務家教員資格を取得するための試験です。毎年1月上旬を目途に試験の受験申込受付を開始します。

 2021年度の認定実務家教員試験の詳細は、こちらの試験実施要項をご参照ください。

 受験申込及び受験のために必要な書類はこちらからダウンロードしてください。シラバス、授業案については、既に使われているものがあれば、そちらをご提出いただいても構いません。

 

受験資格

 下記のいずれかに該当する方に受験資格を付与します。

    1.  出願時点において、次世代高等教育研究センターFD部門が実施する実務家教員FDプログラムを修了した後、5年を経過しない方、又は修了見込の方
    2.  出願時点において、大学、大学院、短期大学、高等専門学校で実務家教員としての教育研究歴が通算3年以上ある方
    3.  実務家教員養成に関連する教育プログラムを修了した方のうち、修了した教育機関からの推薦を受けた方

 ※3.の資格に該当する方は、別途教育機関からの推薦書をお送りください。

 

試験内容

 (1)シラバス、(2)研究論文、(3)模擬授業、(4)筆記試験

 ※実務家教員FDプログラムを修了された方、又は修了見込の方は筆記試験を免除します。

 ※大学等の高等教育機関でシラバスを作成していない方は、こちらの様式をご利用ください。

 ※模擬授業の実施に当たって、ご自身が指定される1回の授業の授業案(1回分の授業計画)をセンターまで提出してください。

 

受験手数料

 30,000円:実務家教員FDプログラムを修了された方、修了見込の方

 50,000円:実務家教員FDプログラムを受講されていない方

 

②認定実務家教員資格の登録

 認定実務家教員試験を合格された方を対象に、認定実務家教員登録簿への登録を行うと同時に、認定実務家教員登録証(カード形式)を付与します。

 

③認定実務家教員資格の更新登録

 認定実務家教員資格の有効期間は発行日から5年間です。

 更新登録のためには、特定の要件を満たしていただく必要があります。詳細は追って公表いたします。

 

受験要項はこちら

受験必要書類はこちら

受験申込